​鍛錬

炎の色や風の音で鋼の沸き具合を見定める

刀作りで最も重要な工程。

​折り返して重ねた鋼を叩いてくっつけ

また叩いて伸ばしタガネを入れ折り返す

これを繰り返すことで層状の強靭な鋼となる。

​写真:トム岸田

​鋼にタガネを入れ折り返したら

わら灰と泥でくるみ鋼の表面が燃えないように保護する。

​火造り 

部分的に赤めながら手槌で立体的にしていく

ここで刀の姿はほぼ決まる。

​焼き入れ前に反りを少しつける

焼き入れ後はおおよそ倍の反りとなる。

​写真:トム岸田

​焼き入れ 

刀身全体をムラ無く赤めて水に入れて急冷する

刀に命が宿る瞬間。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now